〒270-1331 千葉県印西市牧の原1丁目3番 TEL:0476-36-8282

歯科診療

歯科・口腔内診療

歯科検診当院では、歯科・口腔内診療に力を入れています。
犬では3歳以上で約8割に口腔内に何らかのトラブルを抱えていると言われています。
猫では高齢になるにつれて口内炎により食事がとれない場合が多々あります。
これらの口腔内疾患の治療には全身麻酔での処置が基本となり、他の外科手術と同様、安全に麻酔を行うために術前検査が重要となります。
口腔内疾患に関しては、その症状にあった治療をご提示いたします。
また、セカンドオピニオンとして、歯に関する様々な相談も承ります。
→詳しくは「歯科口腔外来を受診される方へ」のページへ

犬の歯周病
【犬の歯周病】
猫の口内炎
【猫の口内炎】
■残存乳歯と歯列異常

チワワ、トイプードル、ヨークシャーテリア、ポメラニアンなどの小型犬に多く発生する歯科疾患です。
永久歯の萌出(乳歯と永久歯の生え変わり)は通常4~7ヶ月齢で行われますが、1歳を過ぎても乳歯が残っている場合には抜歯の必要があります。
残存乳歯は隣り合う永久歯との隙間から歯肉炎を起こし、歯周病の原因となるだけでなく、咬合異常を起こし食べられなくなる場合もあります。
子犬を迎えたら成長期に一度、歯科検診を受けることをお勧めします。

乳歯残存した1歳のチワワの症例
【乳歯残存した1歳のチワワの症例】
犬歯と切歯に残存乳歯が多数あります
歯列異常の9ヶ月齢のチワワの症例
【歯列異常の9ヶ月齢のチワワの症例】
下顎の歯が上顎の歯肉に当たって咀嚼困難な状態
■猫の歯肉口内炎

中高齢の猫に多く見られるのが歯肉口内炎です。
原因は、歯周病やFeLV(猫白血病)、FIV(猫免疫不全)など感染症による場合、猫歯頸部吸収病巣(FORL)といった猫特有の疾患による場合、免疫機能の低下などと様々です。
症状はよだれや口臭から始まり、進行すると食べられない、水も飲めないくらい強い痛みを伴います。
治療は痛みを取り除くために抜歯などの口腔外科を行うことが優先されますが、免疫機能を上げる内科療法も併用する場合があります。

猫の歯肉口内炎
【猫の歯肉口内炎】
口狭炎
【口狭炎】
■破折 歯冠修復治療

硬い物を咬んでいて、歯の表面である歯冠部が折れてしまうことを破折といいます。
犬では咬合圧がかかる上顎第4前臼歯がはがれるように折れることが多く、平板破折といいます。
歯髄(血液が通っている歯の中心部、一般的に神経と言う部分)が露出し、放置してしまうと細菌感染から歯髄炎となり、歯を保存することが難しくなります。
破折してしまった歯は受傷後早期であれば、コンポジットレジンという特殊は樹脂によって元の歯に近い状態に修復することができます。

上顎第4前臼歯 破折
【上顎第4前臼歯 破折】
歯冠修復治療後
【歯冠修復治療後】
■不正咬合

ウサギ・チンチラ・モルモットなどでよく見られる歯科疾患が不正咬合です。
特にウサギの歯は一生伸び続ける常生歯といい、干し草や牧草などで歯が常時削れていないと咬合面の形態が変化し、咀嚼能力が低下するため食欲不振や体重減少を招きます。
不正咬合は臼歯・切歯ともに起こり、治療は全身麻酔下で過長歯を高速タービンやマイクロエンジンで切削します。

切歯過長:下顎切歯の伸長
【切歯過長:下顎切歯の伸長】
臼歯過長による口腔粘膜からの出血
【臼歯過長による口腔粘膜からの出血】