〒270-1331 千葉県印西市牧の原1丁目3番 TEL:0476-36-8282

内視鏡検査

内視鏡装置
【内視鏡装置】

消化管は口から始まり、食道~胃~十二指腸~小腸~大腸とひとつの管で繋がっています。それぞれの臓器はホースのように中が空洞で、主に内側の粘膜に病変が発生する傾向にあります。粘膜表面を直接見ることができるのが内視鏡検査です。
胃腸の病気を早期発見するための検査方法です。

動物の内視鏡検査は人間と違い、事前に身体検査、血液検査、レントゲン検査等を行い動物の状態を把握してから全身麻酔下で行います。

■内視鏡でできること
生検鉗子
【生検鉗子】
【検査】

内視鏡のカメラを通して胃や腸の状態や病変を肉眼的に確認することができる。
胃や腸の組織の一部を採取して病理組織検査を行うことで病気の診断ができる。
咽喉頭(のど)や扁桃の状態を肉眼的に確認することができる。

異物鉗子
【異物鉗子】
【処置】

消化できない異物(おもちゃなど)を飲み込んでしまった場合、胃や腸の手術をせずに取り出すことができる。
ただし異物の種類や形、大きさによっては外科手術になる場合がある。

■消化管内視鏡検査が必要な主な症状
  • 慢性の吐き気や血液様の嘔吐物がみられる
  • 原因不明の食欲不振
  • 下痢、血便、黒色便、ゼリー状便が続く
  • 吐出(食べたものをすぐに吐く)や嚥下異常(飲み込みにくい)
  • 異物(おもちゃ等の消化されない物)を飲み込んでしまった時
  • ホーム
  • 動物病院ご紹介
  • 施設紹介
  • 診療案内
  • 歯科診療
  • 美容・トリミング
  • 診療時間・地図